プロフィール
KAGYOU MANAGEMENT 木下敬造(きのやん)
KAGYOU MANAGEMENT 木下敬造(きのやん)
★K 専門知識を深め ★A 支援者として ★G 成長していこう ★Y 常に若々しくあり続け ★O 喜んで人の世話をし ★U その人を駆り立てる力を発揮しよう こんな気持ちを持って、日々の活動を行っていきます。
アクセスカウンタ

2009年08月15日

備えあれば

(2009年8月3日付日経MJから)

森永製菓株式会社の記事から。










東京都港区芝に本社のある森永製菓株式会社。










ビジョン(基本理念)
おいしく たのしく すこやかに











ミッション(使命)
私たちは、
世界の人々の豊かで安全な食生活の実現と健康の増進に貢献します。
そのために、
パイオニアスピリットに溢れた企業活動を通して、
価値と感動のある商品・サービス・情報を提供します。










その森永製菓が●●できる商品を発売する。










では●●とは?












ヒント↓
もしも…。










自分の頭で考えて











自分の頭で考えて考えて










自分の頭で考えて考えて考えて










ここで頭を使わないと意味ないで~










ここで自分の頭で考え抜いて
自分のアイデアがまとまったらスクロール

























ハイ。答え↓
長期保存










9月1日の「防災の日」に向けて、
長期保存できるビスケットとキャラメルを発売する。










保存用商品は
「70gミルクキャラメル缶」









「18枚マリー缶」の2種類。











キャラメル缶は、
容器の密閉性を高め、賞味期限を5年に。










マリー缶は
脱酸素剤を缶の中にいれて酸化を防ぎ、同じく5年。










さらに、









商品の裏面や側面に
地震が起きたときの心得を印刷。









また、スーパーの売り場等で
自治体と連携して作成した「防災のしおり」も配布。










「防災のしおり」には
各地域の避難所や地震発生時の行動指針などが記載。










対象の自治体は32にのぼる。










発売日は8月4日。









キャラメル缶は398円。









マリー缶は498円。









販促期間は9月末まで。











⇒森永製菓、防災の心得のホームページはこちら











ということで、
本日の商売繁盛キーワードは『記念日向け商品』
  


Posted by KAGYOU MANAGEMENT 木下敬造(きのやん) at 20:00Comments(0)製造業

2009年08月08日

食べてみたいね。

(2009年7月29日付日経MJから)

株式会社グローバルダイニングの記事から。










東京都港区南青山に本社のある株式会社グローバルダイニング。










株式会社グローバルダイニングの事業内容はレストラン経営による飲食事業。










現在、60店舗を展開中。










そのグローバルダイニングが新業態で発売したスイーツが好調!










そのスイーツは●●状のシュー生地に
様々なフレーバーの◆◆を入れたもの。










では●●状&◆◆とは?












ヒント↓
かぶりついても・・・。










自分の頭で考えて











自分の頭で考えて考えて










自分の頭で考えて考えて考えて










ここで頭を使わないと意味ないで~










ここで自分の頭で考え抜いて
自分のアイデアがまとまったらスクロール

























ハイ。答え↓
ドーナツ状&クリーム










このスイーツはドーナツ状のシュー生地に
様々なフレーバーのクリームを入れたもの










商品名は「シュークリング」









1個180円~240円。











若い女性に大人気!。










一時は1日に7,000個販売したとか。










開発したのは、グローバルダイニングの
エグゼクティブ・パティシエのステファン・ヴューさん。









フランスのデザートコンクールで優勝した経歴を持つ。









ステファンさん曰く。
「スイーツは女性のために作るもの」










女性は何かを食べる時、
手元や口元が汚れるのを男性以上に嫌う。










そこで、
かぶりついても中のクリームがあふれにくい
ドーナツ状の形を選んだという。










クリームの量も若い女性の試食アンケート結果から
35gにしたとか。









9月にはシュークリングのメニュー改定がある。









今のところ東京でしか買えないようです。











グローバルダイニングのホームページはこちら
⇒ http://www.global-dining.com/











ということで、
本日の商売繁盛キーワードは『形状にこだわる』   


Posted by KAGYOU MANAGEMENT 木下敬造(きのやん) at 04:00Comments(0)飲食業

2009年08月01日

世の中の流れ

(2009年5月29日付日経MJから)

日比谷花壇の記事から。










東京都港区南麻布に本社のある株式会社 日比谷花壇。










日比谷花壇の企業理念は3つ。










「花とみどりを通じて、真に豊かな社会づくりに貢献する。」










「ホスピタリティを尽くして、人々の暮らしへ愛と感動のシーンを提供する。」










「デザインを極めて、至高のクオリティと異質の付加価値を創造する。」









その日比谷花壇が●●と呼ばれるサービスを開始する。










では●●とは?










ヒント↓
参列者減少。










自分の頭で考えて











自分の頭で考えて考えて










自分の頭で考えて考えて考えて










ここで頭を使わないと意味ないで~










ここで自分の頭で考え抜いて
自分のアイデアがまとまったらスクロール

























ハイ。答え↓
直葬。










直葬とは、通夜・告別式を行わない火葬場でのお別れ。










この新しいプラン名は「おくりばな」









日比谷花壇のお葬式サービス『フラワリーフューネラル』から6月1日に発売。











何か発売って変な感じもしますが…。










近年、都心部を中心に増加している
通夜・告別式などの式典を行わずに火葬だけを行う『直葬』のニーズに応えるもの。










火葬を行う前に家族や親族などの近親者が集まり、
旅の支度や、お棺に花を敷き詰めて故人を美しく飾る儀式『おくりばなの儀』を行うという。









火葬場でのお別れプラン『おくりばな』の基本料金は?









34万3610円。










まずは、
東京、神奈川、千葉、埼玉でサービスを始めるという。










高齢化や地縁関係の希薄化で、
参列者が減少傾向にある都心部を中心に需要が高まると判断した。










日比谷花壇は、
現在、年間180件の葬儀を取り扱っている。









直葬は大掛かりな葬儀に比べると利幅が少ない。









そのため、
同様のサービスを行う同業大手はほとんどなかった。











今後、事業育成に力を注ぐという。











ということで、
本日の商売繁盛キーワードは『環境変化への対応』
  


Posted by KAGYOU MANAGEMENT 木下敬造(きのやん) at 06:07Comments(0)サービス業